意外と知られていない敷金と礼金、敷引きのルール

賃貸契約で必ず出てくる敷金とは?

賃貸物件に住んでいる人であれば、誰もが敷金という言葉を知っているのではないでしょうか。賃貸契約の際にしか使わない言葉ですが、賃貸契約の際には必ずといっていいほど出てくる言葉です。地域によっては保証金、という名前になっていることもありますが、ほぼ同じ意味と捉えてよいでしょう。保証金、つまり万一家賃の滞納などがあった時のために預けておくお金であり、基本的には退去する時に戻ってくるお金です。引越し代や、次の賃貸の初期費用に充てようと思っている人も多いと思います。

敷引きで一定額差し引かれる契約も

敷金の額は物件によってさまざまですが、首都圏では敷金、礼金ともに1ヶ月というのが一般的です。退去時には全額戻ってくるのが原則ですが、原状回復費用として引かれることもあります。契約によってハウスクリーニング費用が借主負担とされている場合は、敷金から引かれますので、ほとんど戻ってこないと思っておいたほうが良いかもしれません。一方で、敷引きといって、一定額を差し引く契約になっていることもあります。敷金3ヶ月、敷引き1ヶ月、という具合です。この場合は2ヶ月分が返却されることになります。

敷引きも礼金もなしの物件が良心的

契約書にハウスクリーニング費用の負担について書かれていない時は、基本的には家主負担です。退去の段階になって、いきなりクリーニング代の負担を求められたら、堂々と拒否して良いですよ。ちなみに、敷引きのある物件は礼金がないのがルールです。敷引きは礼金を後払いにしているだけですので、礼金がないと言って喜んではいけませんよ。礼金ゼロ、敷引きなしなら良心的な物件でしょう。退去時に負担すべき費用は、契約書にある程度書かれていますので、よく確認してから契約するようにしてくださいね。

江別市の賃貸マンションは、仕事の都合で急に転勤になってしまったとしてもすぐに引っ越すことができるので安心です。