賃貸物件に住むメリットとデメリットとはなにか

住宅ローンの返済に追われることがない

近年では、住宅を購入することなく、あえて賃貸に住み続ける選択をする人も増えています。賃貸物件に住むメリットのひとつに、住宅ローンの返済に追われることがないということがあげられます。住宅の購入には多くの人が住宅ローンを利用することになるでしょう。ローンを30年組んだとすると、30年間はローンを背負うことになります。またローンが終わるころにはリフォームや修理が必要になる場合もあります。賃貸であれば、高額のローンを背負うことがないので、精神的には気楽といえるでしょう。

故障したり修理が必要になっても費用がかからない

様々な設備が故障し、修理が必要になったとしても、賃貸物件であればその修理費用がかかることはありません。これは賃貸物件に住むうえで大きなメリットのひとつといえるでしょう。近年では、たくさんの自然災害が起こっていますが、強風で設備が飛んでしまっても、大雨により浸水したとしても、費用は一切かかりません。マイホームの場合には、突然の故障により修理が必要になり、思わぬ出費が発生することも多々あるといえます。

簡単に住み替えできる

現在住んでいる家に飽きてしまったり、近隣トラブルに巻き込まれるなどした場合、賃貸物件であれば引越しをすることで、解決することができます。また子供がうまれて家が手狭になったら少し広い物件へ、また子供が家を出ることになったら再び狭い物件へと、家族の人数に応じて住み替えが可能です。たとえば老後に田舎や海外へ移住したいと考えた時、マイホームは必要なくなってしまいます。気分や用途によって、住み替えができるのは、賃貸物件の大きなメリットといえるでしょう。

賃貸マンションの魅力は一戸建てよりも気軽に暮らすことができたり、入居手続きも簡単に行うことができるとこにあります。